食事をおいしくする鰹節と昆布の「しぜんだし」で子どもたちの食も進む!

食事をおいしくする鰹節と昆布の「しぜんだし」で子どもたちの食も進む!

手抜きごはんの寄せ鍋に「しぜんだし」を使ってみたら…

イブシギンのしぜんだしをお試しさせていただきました。

開封してみると鰹節の香りをとても強く感じます。
スプーンですくってみるとサラサラな粉末で、なめてみると鰹節その物です!

スプーンですくってみるとサラサラな粉末

さっそく、寄せ鍋に使用してみました。

時間のない時の手抜きごはんに寄せ鍋ってとっても便利ですよね!
野菜にお肉、魚介類などなんでも合いますし。冷蔵庫一掃にもピッタリ。

今回はイブシギンのしぜんだしを試したいのでシンプルに水炊きです。

お水600mlに小さじ1ほど入れてみました。
鰹節の粉なのか、スープがうっすら茶色くなりいい香りがします。

具材は白菜、長ねぎ、大根、人参、えのき、しいたけ、豆腐、鶏団子、ビノス貝、丸カニを入れて、ポン酢でいただきました。大根、人参はすぐに火が通りやすいやようにピューラーで薄切りにしています。あっという間に火が通り時短にもなる上、子どもも食べやすいのかたくさん食べてくれます。追加するときも鍋の上でそのままピューラーで薄切りにしながら入れちゃいます。

ビノス貝、丸カニ、鶏団子など入れましたが、それに負けないくらい鰹節の風味を感じてとってもおいしいお鍋になりました。

シメはご飯を入れて、少量の醤油と塩で味つけ、溶き卵を入れた雑炊にたっぷり海苔をかけていただきましたが最高においしかったです。

普段のご飯はあまり食の進まない子どもたちですが、だしの効いた雑炊だとビックリするくらい食べてくれます。

気になる塩分や原材料…子どもたちには薄味に慣れてほしい

実家の母が昔から鰹節をミルで粉末にしてだしとして使用していたのですが、それに近い味を感じて私は懐かしくなりました。
そんな母の料理で育っているので、私も昆布と鰹節でしっかりだしを取っています!と胸を張って言いたかったのですが、最近はだしの素も使用しています。自然の物の方が体には良いとわかっていても、やはり時間のないときに便利ですし、経済的なので。

ただ、だしの素を使用しつつも気になっていたことがあるのです。原材料って使用量が多い順に記載されているわけですが、1番が食塩、次が砂糖なのです。だしって本来、昆布や鰹節から出る物なはずなのにそれよりも食塩や砂糖が多いのってなんだかおかしいと思っていました。

塩分の取り過ぎが原因の生活習慣病が問題になっていますよね。我が家の主人も濃い味を好むのですが、できるだけ子どもたちには薄味に慣れてほしいなと思っています。

お味噌や、醤油など減塩のものを選ぶようにしているので、だしの素にも塩が入っていなければいいのにと感じていたのです。濃い目のだしにしたいときに、だしの素をたくさん入れると塩分が多くなってしまうのが気になっていました。

添加物不用、鰹節と昆布だけできているからうれしい!

このイブシギンのしぜんだしは原材料が、シンプルに鰹荒節(鹿児島県指宿市山川産)、昆布(北海道 道南産)のみなのです!

化学調味料、添加物、食塩が一切不使用!!
鹿児島県指宿市山川産の鰹荒節は古くから良質の鰹節産地として知られていますが、それを贅沢に使用しているそうです。鰹荒節も昆布も、国産で産地まで明記されているのが商品のこだわりであり、自信の現れに感じます。

本来のだしの味、そのものだけが材料となっているので、たくさん使っても塩分を気にしなくて大丈夫!

これなら安心して小さな子どもにも食べさせられますね。パッケージにも5ヵ月の赤ちゃんの離乳食としてと記されていますが、私の頃にもこれが欲しかったです。毎日、一生懸命に昆布と鰹節でだしを取っていたのでこれがあったら便利だっただろうと思います。

だし入り味噌玉と具をラップでくるんで、自家製インスタント味噌汁も

パッケージの裏側にお手軽味噌汁レシピが出ていたので作ってみました。

  • しぜんだし 小さじ1/4
  • 味噌 大さじ1
  • 熱湯 200ml

しぜんだしと味噌をお椀に入れて熱湯を注ぎ、かき混ぜるだけ。

乾燥わかめと長ねぎを入れてみました。
シンプルだけどだしが際立ってやさしいお味。普段より味噌の甘みを感じて、とってもおいしいお味噌汁でした。

近年、家庭でお味噌汁を作る方が減ってインスタントお味噌汁が当たり前になっているというニュースをテレビで見たことがありますが、これならインスタント並みに手軽においしいお味噌汁が作れるので忙しいときにも便利だと思います。イブシギンのしぜんだし、味噌の分量を量って乾燥わかめ、ネギと一緒にラップに包んで味噌玉を作っておけば自家製インスタント味噌汁もできますね! 油揚げやお麩など入れても良いと思います。

何より本当のインスタントと違って添加物なし塩分控えめなのもうれしいですよね。

日本食に欠かせないおだし。上手に使用すればおいしく、減塩にも繋がり健康的! 家族の健康は食から。母として妻として体に良い物を選んでいきたいです。

 

momo

キャラ弁クリエイター・デコ料理研究家
10歳、7歳のふたりの男の子の母。
長男の入園をきっかけにキャラ弁を作りはじめ、現在はWEB、雑誌、テレビなどでキャラ弁、キャラスイーツ、デコ料理など子どもがよろこぶレシピ開発を手掛けている。
ブログ:momo’s obentou

スポンサーリンク