働きながらの育児って大変? ママたちのワーク・ライフ・バランス事情

幸せな兼業ママに聞く! 仕事と育児を両立するためのひけつとは?

1日24時間、1年365日休みなしといっても過言ではない育児。それに加えて仕事までしているワーキングマザーもいます。今回はワーママたちのワーク・ライフ・バランスに迫ります!

『働いているママに質問! 子育てと仕事の両立はうまくいってますか?』

1位 どちらかといえば、うまくいっている 53%
2位 どちらかといえば、うまくいっていない 22%
3位 うまくいっている 15%
4位 うまくいっていない 10%

 

育児と仕事の両立ができていると回答したママはなんと約8割! この結果には驚く人も少なくないのでは?

現状に満足できている理由のひとつは、家族の協力にあるようです。「旦那さんにもとても助けてもらっています。家事分担をすることである程度うまくいっています」「私の実家が近いので、母に手伝いにきてもらったり、夕飯を食べさせてもらったりと甘えています」といったように、まわりのサポートがあるからこそ両立できているとママは言います。ひとりですべてを抱え込まなくても大丈夫だという環境がママたちの負担を軽くしているようです。

次に、職場の理解。仕事と育児を両立させるためには、時短勤務や残業なし、在宅勤務など、ママが育児をしながらでも無理なく働けるような環境が必要です。子どもの体調不良で急に仕事を休む可能性もあるママにとって、「子どもに何かあったら、休むべきと面接で役員さんが言ってくださった」という声がけはありがたく、心が救われます。

仕事と育児の両立ができているというママたちは恵まれた環境に置かれているといえるのでしょうが、それでも回答に「どちらかといえば」という枕詞がつくのは、欲をいえば…ということのよう。現状にはおおむね満足しているけれど、もっと収入を増やしたい、もう少し子どもと遊ぶ時間が欲しい、時間や自分の心に余裕が欲しいなど、できることなら「こうなりたい」という希望があるようです。

でもあえて無理をしないのが、子育てをしながら気持ちよく働くためのひけつなのかもしれません。両立がうまくいっていないと答えたママのなかには「家事も仕事もがんばっていたら、疲労で入院した!」と、体を壊してしまったという体験談も…。

 

育児に仕事までこなすとなれば、ママが超多忙になることは容易に想像ができます。出産前と同じようにバリバリ働くのはむずかしいのかもしれませんが、「時短(勤務)を利用し、もしもの時は有給を活用。家事は完璧を目指さず、職場では産休までに培った信頼の保険でみんなの理解と協力を得ています」というママのように、周囲の理解を得て働きやすい環境をつくるための努力だったら全力でできるし、やる価値があるのかもしれません。

(2018年2月「ママノワ」調べ)

 

 ママノワで、ママモニターをやってみませんか?

「ママノワ」では、オススメの商品を使ってくれるママモニターを募集中!
実際に使用して、SNSでその様子を紹介するだけの簡単なモニターです。
現在募集中のモニターはコチラをチェック!ぜひご応募ください!

募集中のモニター応募はコチラから