アメリカで生まれた大人気のユーモア絵本『オレ、カエルやめるや』モニターママの口コミ!

アメリカで生まれた大人気のユーモア絵本『オレ、カエルやめるや』モニターママの口コミ!

ママも子どもたちも夢中になった、カエルをやめたいカエルのお話

MOE絵本屋さん大賞2018入選絵本『オレ、カエルやめるや』をモニターしてくれたママたちの感想をご紹介します。

 

<口コミ1>読みやすくて楽しくていい絵本、すっかりお気に入りに!

3歳・男の子 1歳・女の子ママ
「カエル以外になりたいカエル」というユーモラスなテーマはもちろん、日本語訳が大好きな小林賢太郎さんとのことでとっても楽しみにしていました♡

かわいくてちょっとシュールな絵とシンプルだけどクスッと笑えるセリフたち、手書き風の文字のタッチもすごくよかった!
「オレ、カエルやなんだよね」と他の誰かになりたがっているカエルが「自分は自分だ」と胸を張れるまでをとってもユーモラスに描いてあって、読みやすくて楽しくていい絵本だった!

息子も何度も「もういっかい」と楽しんで、娘にも読んでくれるように🙌
たくさんの生き生きとした動物が出てくるので、娘も楽しそうに指差して大喜び。
すっかり2人のお気に入りになりました☺️

 

<口コミ2>シュールな感じが、大人にもくすっと笑える内容

3歳・男の子 5歳・女の子ママ
読んでてすごいシュールな感じが親的にもくすっと笑える内容でした😂
字も大きくてカチカチした字じゃないのが親しみやすいなぁ♡

私は幼稚園の読み聞かせサークルに入っていて、時々幼稚園のクラスに入って絵本を読んでいます♡
読み聞かせの日に、この絵本を持っていこうと思います😊
どんな反応が返ってくるか、子供たちの興味のポイントはどこなのか、、
そういうのが楽しみだったりする

 

<口コミ3>クスッと笑えたり、ちょっとドキドキしたり!

7歳と3歳・男の子ママ
お話は外国の絵本らしい絵本で、クスッと笑えたり、ちょっとドキドキしたり💓
読み終えると、次男は「もっかい、読んで!」と言うくらい気に入ったようです。
長男も、「面白い」「書いてある文字も面白いね!」と、子どもらしい着眼点で感想を話してくれました。
やっぱり絵本って良いね👍

 


<募集記事>

カエル親子の会話を通して、ママと子どもにも何かが見えてくる!

自分の子どもに「人間やめたい」なんて言われたら、ママはどう答えますか? 絵本『オレ、カエルやめるや』は、カエルが嫌いなカエルの子どもが主人公。本当はもっとかわいくてフサフサの動物になりたかったんですって。

カエルなのにカエルが嫌いだなんて、ちょっと重たいテーマになりそうですが、絵本の中で繰り広げられるのはテンポがよくて陽気な親子の会話。カエル親子の問答は、ママの子育てのヒントにもなりそう。

『オレ、カエルやめるや』はアメリカで生まれた大人気のユーモア絵本。日本ではMOE絵本屋さん大賞2018に入選し、続編も出版されて注目を集めている作品です。

絵本『オレ、カエルやめるや』のモニターを3名募集します。

 

【概要】
■モニター内容 絵本『オレ、カエルやめるや』 ※参考価格1,600円(税抜)

■モニター開始 2019年7月8日(月)~7月21日(日)約2週間

■応募条件(下記の条件をすべて満たす方)
1)ママであること
2)約1週間、商品を試用いただける
3)モニター期間中にご自身のブログ、Facebook、Instagramのいずれかにて商品の写真付き試用レポートをしていただける。公開アカウントのSNSに投稿していただける
4)投稿いただいた内容について、「ママノワ」powered by BABY&KID’s FESTA・ママノワ公式SNSへの掲載、及び商品提供企業が自社サイトの掲載や販売促進活動に利用することにOKである
5)応募にあたり、下記個人情報の(本名、電話番号)お取り扱いにご同意いただける
個人情報を用いてご連絡をさせていただきます。
個人情報は外部提供、外部委託等はいたしません。
個人情報に関するお問い合わせ、削除、変更依頼はBABY&KID’s FESTA運営事務局宛て(mamanowa.info@mama-marketing.co.jp)にご連絡ください。
※今回の企画の業務上のご連絡目的以外に、個人情報を使用することはありません。

 

 

【応募〆切】2019年7月2日(火)午後11時59分
【当選連絡】2019年7月3日(水)

応募は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

スポンサーリンク