ママが作る年賀状、子どもの写真は載せる? 載せない?

ママが「送りたい」年賀状と、受け取る人が「うれしい」年賀状って?

前回のアンケートで、今どきのママたちの多くがパソコンやスマホのアプリで年賀状をデザインしていることがわかりました。写真入りの年賀状が手軽に作れることもあってか、受け取ることもたしかに多いですよね。今回はママたちがどんな写真を年賀状に載せるかを聞いてみました。

『年賀状を出すママに質問! 年賀状に子どもや家族の写真を載せますか?』

1位 子どもの写真を載せる 47%
2位 家族全員の写真を載せる 31%
3位 年賀状を出す相手によって変える 19%
4位 子どもの写真は載せない 3%

 

子どもの写真を年賀状のデザインに採用するママが半数近くという結果に。「産まれて初めてだから」と、いったん年賀状に子どもの写真を載せると、「かわいい子どもの成長を見てほしいから!」と、その後の年賀状も引き続き子どもの写真入りになるパターンが多いようです。また、子育てが生活の中心になっているママは「ほかに載せるものもない」という背景や、「みんな子どもたちの写真が載っている年賀状なので、自分もやらないとって思ってしまいます」と、ほかのママたちに同調せざるを得ない雰囲気もあるようです。

 

「みんな元気にやってますというお知らせのため」というのは、年賀状に家族全員の写真を載せるというママ。はがきだけのやりとりになると、「結婚して退職し、引っ越しもして、さらに珍しい苗字から普通の苗字になったことで、誰かわからない人が多かったため」と、結婚して姓が変わることの多い女性ならではの事情も。「子どもの写真を載せたいが、子どもができない友達に負担をかけないため、家族での写真を載せる予定」「以前、送る相手が家族の写真も見たい、と言っていたから」と、受け取る相手のことを考えて家族写真を選ぶママも。

 

「興味ない方もいると思うので」「子どもを知らない人には見せる必要がない」という理由から、年賀状を出す相手によってデザインを変えて作っているママもいます。愛するわが子の写真を載せるなら、喜んで見てもらいたいもの。親戚には子どもの写真入り、「友達や会社関係、少し遠縁などには子どもの写真はたぶん喜ばれない」ことから子どもの写真はなし、と作り分けているようです。「子どもの写真を載せて不愉快になると友達に言われた」という経験から、年賀状に子どもの写真を使わなくなったママもいました。

 

子どもが産まれて子育てをしていると、出産前と同じようには人づきあいができないことも。年賀状だけのつながりになってしまったという友人もいるかもしれません。だからこそ、年賀状を通じてまた会いたくなるような近況報告ができるといいですね。

(2017年12月「ママノワ」調べ)

 

 ママノワで、ママモニターをやってみませんか?

「ママノワ」では、オススメの商品を使ってくれるママモニターを募集中!
実際に使用して、SNSでその様子を紹介するだけの簡単なモニターです。
現在募集中のモニターはコチラをチェック!ぜひご応募ください!

募集中のモニター応募はコチラから