ママ友との連絡どうしてる? ママ会開催のお悩み”あるある”!

ママ友との連絡どうしてる? ママ会開催のお悩み”あるある”!

忙しい家事や子育ての息抜きになるのが、ママ友との集まり。
子どものことやママ自身の悩み、パパの愚痴など、家ではなかなか話せないことを話せて、リフレッシュできますよね。「情報交換のために絶対参加!」なんて人もいるのではないでしょうか。

ママ会といってもランチだけでなく、「旅館のママ友プラン」を利用したり、「カラオケママ会」で発散したり…いろいろな楽しみ方があるんです☆

でも、いざ日程調整をすると…

せっかくママ会を企画しても、みんな忙しいから、日程がサクサク決まらない! なんてこと、”あるある”ですよね。
ママ友3人でランチ♪ くらいならすぐ決まりますが、幼稚園のクラスや習い事の集まりなど、人数が多ければ多いほど、いろいろなストレスが出てきます。

「出欠を取るとき、誰がなんて回答してくれたか、さかのぼって調べるのが大変!」
「グループLINEだと、〇〇さんは参加できる?って催促の連絡もしづらい…」
それに加えて、「プライベートが垣間見えるSNSや個人的な連絡先をママ友に教えるのはちょっと抵抗が…」などなど、ママ同士というのは、どうしても学生時代の友達づきあいとは違うもの。

いろいろ気を遣うこともあるし、スムーズに連絡を取り合うのが難しい…とか、あまり個人的な情報を知られたくないな…、と感じている人が実は多いようです。

そんな悩みを解決!「らくらく連絡網」でママ会開催をストレスフリーに♪

そんなときに、先輩ママから教えてもらったのが「らくらく連絡網」。
招待制なので、知らない人と勝手につながらずに、グループ間だけでコミュニケーションが楽しめるサービスなんです。

実はこの「らくらく連絡網」、その使いやすさがママたちの間でちょっとした話題に。登録者は主婦だけでも全国に約28万人もいるそう。

まずはメールアドレスでの登録!でも、メールアドレスなどの情報をメンバーに公開する必要もなく、らくらく連絡網を経由してメンバーとの連絡が取れるので、個人情報の面でも安心!
幼稚園や学校団体・PTAも進んで使っているサービスで、安全にやり取りができます。

「この日集まれますか?」という連絡も、日付を選んでもらった回答結果が一覧で見られるから、日程調整が簡単! みんなの予定が合わせやすくなりました。

 

特にありがたい機能が「未回答の人への催促」!

出欠の回答を催促するのって、「忙しいところごめんね」「入れ違いだったら申し訳ないけど…」なんて言葉を考えるのも面倒ですよね。
そんな悩みを抱えている方に朗報です!らくらく連絡網には、回答していない人に対して再度メールをしてくれる機能があるのです。ボタンをワンタップするだけなので、言葉を考える必要もなく、らくらく連絡網が催促してくれます!

画像添付もできて、例えば「今日の運動会の写真です」など、すぐにみんなに共有もできるのも便利ですよね。スマホだけでなく、PCで見たり保存したりすることも簡単!
チャットのような会話機能もあるので、ライトなやり取りも楽しめます。

会話機能で相談してから、共有した方が良い内容は全体に送信!なんて使い分けもできて、悩むことなくママ会が開催できるようになりますよ♪

いくつでも団体は作れるので、これからも、ママ友の連絡は全部「らくらく連絡網」でまかなえそう!まずは仲良しのママ友メンバーと始めてみませんか?

 

スポンサーリンク