デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.5

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.5

スポンサーリンク

<前回までのあらすじ>

2017年はすでに半分終わってしまったが、デアゴスティーニの『おしえて!おしゃべりガイコツ』はやっと1/3にさしかかるところである。全70号の組み立てに挑戦中の小3の双子とママは着実に人体の知識を増やし、ホネッキーも大腸と小腸を手に入れた!

家族だけでなく、友達にも馴染んできたホネッキー! Robiに負けないで!

ホネッキー、すっかり台所の机に馴染んでる~♡
ママ
お友達が遊びにも、ふつうにスルーされている今日このごろ
ギャーッ、って驚くお友達、いなかったね
息子
もともとオレらの家には、廊下に怖すぎる鬼の面が飾ってあるからな
ママ
たしかにホネッキーは最初から謙虚な感じで馴染んできたね、我々の居住空間に
まあ、しゃべり出さないかぎり溶け込んでるね
ママ
しゃべると急に存在感出るからね
息子
目が光ってオーラも出るし!

(ここから先は、モーガン・フリーマンの声でお読みください↓)
そんなホネッキーもじつは、おもちゃのレベルを超えた人体模型である。今回からは内臓を組み立てていきながら、各臓器のはたらきを見てゆこう。
だがその前に。
「体のなかみ」でもっとも身近な筋肉についても知っておかねばならないだろう。ホネッキーはガイコツゆえに筋肉を持たない。よって、「筋肉」がテーマの20号での組み立ては、筋肉ではなく、「上半身固定棒」である。筋肉のつくりとはたらきについては、冊子でくわしく学ぶとして、さっそく背骨や内臓を取り付けるための準備にとりかかるとしよう。

銀色に光る上半身固定棒 このようになります 前回つくった骨をとりつけると…なんだかこういう生き物みたいです

 

双子、胃と胃液のすごさを思い知る。ママ、昭和のあの名曲を思い出す。

さて21号のテーマは胃。関西弁では「胃ぃ」と伸ばします。

胃。 腸の上にセット こういう位置関係ですね

 

(以下のやりとり、お食事中の方はご注意ください↓)

ママ
胃は食べ物をドロドロに溶かして、小腸に送るところです
息子
あ、小腸、こないだやったな
食べ物はどうやって溶かすのん? 水?
ママ
胃液だよ
胃液ってどんなん?
ママ
強い酸性の液体。だから胃酸とも言うんだけどね。胃のかべから胃液が出る。そして、胃の筋肉がのびたりちぢんだりして、胃液と食べ物をまぜる。すると、食べ物がだんだん溶けてゆく…。ジワジワジワ~
息子
胃液すげえ。こぇぇ~
ママ
そして、胃は食べ物を溶かすばかりでなく、かぜをひいたり、ウィルスがからだの中に入ったり、くさったものや毒があるものを食べたりすると、危険なものを小腸には送らずに体の外に出そうとするんだよ。それが、吐く、ってことだね
息子
食べすぎでも吐くよな?
ママ
うん、吐くね。大人は、お酒の飲み過ぎでも吐く
カアチャンが、お風呂場でおえおえしてたやつやろ?
ママ
あ、あれはちがうの、たしかにお酒も飲んでたけど、貝に当たっちゃったんだよね、つらかったー
ゾンビみたいになってたよね、カアチャン
ママ
胃の中の食べ物がぜんぶ出ちゃっても、まだ気持ちが悪いと、胃液も吐いちゃう。それを歌ったのが鶴ちゃん(片岡鶴太郎)の名曲『IEKI吐くまで』なんだよね
息子・娘
??????
ママ
いい時代になったよね~ユーチューブで昔の曲もすぐ見られるんだから♪
おそらく昭和の曲やな

胃液が胃に穴をあけるように、カメムシは自分のニオイで気絶する…

息子
でも胃液って、食べ物を溶かすほどの強い酸性なんやろ、それを吐いちゃったら口とかべろとか溶けないの?
ママ
さすが。いい質問です。吐いたあとって、のどがジンジン痛いでしょ、あれは、逆流してきた胃液によって、食道がちょっぴり溶けているからなんだって
うわー
息子
そんなに強い液体をじゃんじゃん出してる胃は、どうして溶けへんの
ママ
またまた良い質問です! 胃のかべは、賛成とは逆の性質をもつアルカリ性の粘液におおわれているので、酸性の胃液がふれると、そこは中性になるらしいの。デアゴスティーニの冊子にそう書いてあるから言ってるんだけど、まあ、酸性・アルカリ性・中性といった性質については、たぶん6年生の理科でお勉強することだから、今はざっくりでいいよ、ざっくりで
息子
ちょっと待って、胃のかべがアルカリ性の粘液におおわれているっていうことは、アルカリ性はものを溶かしたりはしないってこと?
ママ
ああ~ じつはね、アルカリ性でも強いやつ、強アルカリは強酸よりもものを溶かす能力は高いので、アルカリ性がものを溶かさないという言い方はできないんだけど、そこはまあ、アルカリにもいろいろあるってことで、ざっくりご了解いただきたい
息子
マジか
ママ
そして、胃は敏感な臓器なので、緊張やなやみごと、悲しいできごとが続くと、胃のかべを通る血液の流れが悪くなって、粘液があまり出なくなってしまうんだよ。そうすると、酸性の胃液が胃のかべを溶かしてしまい、それを放置すると胃に穴があいてしまうこともあるのよ! ああおそろしい
あ! Tちゃんのママ、こないだ遊びに行ったとき、胃が痛い~痛い~って言ってたけど、それかな?
ママ
でしょうな
『PTAの役員しんどすぎて、胃ぃに穴あくわ~、かなんわ~、たのむでしかし』って言ってた
ママ
やすし師匠か! でも、激しく同意します!
わたし思ったんだけど、自分の胃液で自分の胃に穴があくなんて、まるでカメムシのようやな、って…
ママ・息子
は?
知らんの? カメムシは自分のニオイで気絶することがあるんやで
息子
カメムシあほやなー
ママ
それどういうこと?
カメムシは敵に襲われそうになると、臭いニオイを出すやん。あれは臭いだけでなくてアルデヒドという毒なんやで。だからカメムシを箱にとじこめて、刺激すると自分でニオイを出して自分のニオイにやられて気絶してしまうねんで
ママ
カメムシについて詳しすぎるね
『ざんねんないきもの事典』に書いてあったもん♡
このところ娘はホネッキーの他にも「ざんねんないきもの」や「へんないきもの」「危険生物」など、ちょっと変わった動物の生態を知るのに夢中なのだ。動物番組は欠かさず録画。かわいい動物だけでなく、スズメバチ駆除の達人が活躍する番組だって何度も視聴しているのだ。

指12本分の長さだから‟十二指腸”って知ってました?

さて、22号のテーマは「十二指腸・胆のう・すい臓」。
まずは人体模型の十二指腸たちを、小腸のスタート部分にセット。

十二指腸は小腸の一部だ、っていう人もいます つまり小腸のはじまり部分ですね 裏側からみるとこんな感じです。十二指腸に胆のうとすい臓がくっついています
ママ
さあ、胃でドロドロに溶かされた食べ物は、こんどは小腸に送られるわけだけど、小腸のはじまりの部分は十二指腸と言います
ね、さる、とり、ひつじ、いぬ…
ママ
それは十二支
息子
十二支ってなに?
ママ
そこ説明してると完全に脱線していくから、あとで。とりあえず十二指腸がなんで十二指腸という名前なのかというと…
息子
めっちゃ強いやつが十二人いるからやろ
ママ
十二師? カッコいいけど違います。マジメなヒント出すよ。じゅうにしの『し』は『ゆび』の音読みです
んー 指みたいなびろびろしたものが12本あるから? じゃないよなぁ、この模型にはそんなのついてへんもんなあ…  
ママ
正解は、十二指腸の長さが、大人の指を12本並べたくらいの長さだから
息子・娘
へぇ…
で、それって何センチなん?  
ママ
まあ、25センチくらいですな
で、じゃあ、『25センチ腸』でいいやん、指12本分の長さなんてわかりづらいやん  
息子
『25センチものさし腸』は? カッコよくね?
で、ものさしは30センチやで  
息子
十二指腸があと5センチ長くなればいいやん
ママ
たぶん、たぶんだけども、小腸は6メートルもあるのに、それにくらべて十二指腸は、たったのこれだけですよという、これだけ感を出すために、指を使ったのではないかと
で、なるほどね  
ママ
あとさ、メートル法を採用してる国ばっかりじゃないからね、インチとかあるし
息子
よーし わかった。そこは飲み込んでおこう

いい仕事をする十二指腸と「うんこドリル」が売れている理由

ママ
そんな小さい十二指腸だけど、いい仕事してるんだこれが
じゃあ、十二指腸君は、大きい女性と結婚するね  
ママ
ん?
お祭りのときにSちゃんのパパに『なんで自分よりめっちゃ大きい女の人と結婚したん?』て聞いたらさ、『小さい男がおっきい女性と結婚したら、それはええ仕事してるってことや』って言ってたよ  
ママ
なんか深いね
息子
で、十二指腸はどんないい仕事をしてるん?
ママ
じつは胃で溶かしきれなかったものをここで消化しているんだよ
やっぱり何か強力な液体で溶かすん?  
息子
わかった、十二指腸液やろ?
ママ
と、言いたいところなんだけど、すい臓でつくられて十二指腸に送られてくる『すい液』と、肝臓でつくられ、胆のうから送られてくる『肝汁(たんじゅう)』によって、溶かしているんだよねよ
息子
……。(阪神タイガースが8回の裏の攻撃で満塁で糸井がバッターボックスに立ったため集中力がテレビ方向に向いている)
ママ
で、食べ物がいろんな色なのに、うんこがぜんぶ茶色いのは胆汁をかぶっているせいなんだよね。胆汁がちゃんと出てこないと、白いうんこが出ることだってあるんだよね
息子
マジかよー、うんこすげーな(息子の集中、もどってきた!)
ママ
すごいのは胆汁です
アホ男子見てると、うんこドリルが売れてる理由がわかるね  
ママ
親としては、うんこの力を借りてでも、勉強してくれるならそれでいい!
同じ日に生まれ、同じ環境で育ってきた双子でも、小学3年ともなると友達も興味も別々になっていくから、なかなか同じ話題で盛り上がるということがなくなる。
そんななか、毎週組み立てるホネッキーのおかげで、「からだ」というひとつのテーマで、ちょっぴりディスカッションめいたことができるようになった。
本当はむちゃくちゃ脱線しまくって、文字に起こしている分の百倍はくだらんギャグを連発しているのだけど、それでも、学校で習うことよりも、ずっとずっと先の知識、大人でも知らなかった知識を一緒に知っていくヨロコビがある。
こうしたやりとりの中で、娘がけっこう、よそのお宅の親御さんと、「ふつうに大人の会話」をしているんだなあ~ということもわかった。

 

肝臓には幹細胞が約2500億! その数は全世界の男性の数よりも多いのだ!

さあ、いよいよ次は、沈黙の艦隊、ではなく沈黙の臓器である。
デアゴスティーニ『おしえて!おしゃべりガイコツ』第23号のテーマは、「腎臓」。
痛みを伝える神経が少なく、病気になっても気づきにくいため、沈黙の臓器と呼ばれているのだ。

ママ
今まで組み立ててきた胃、十二指腸、小腸は、食べ物をとかして消化し、栄養やアルコールを吸収しています。じゃあ、その吸収された栄養やアルコールはどこに行くでしょうか?
息子
ちんちんやろ
ママ
あー 最終的にちんちんにも行くかもしれないけどその前に?
学校  
ママ
学校に行くのは君たちです
会社  
ママ
うーん、比喩的にいえば近い、かもしれない
息子
ホワイトハウス
ママ
的な面もあるかな
駅  
ママ
と言えなくもない
息子
コマツ(←小松製作所大阪工場のこと)
ママ
あ、近い、近い
工場
ママ
正解としよう! からだの中の化学工場の働きをしている、肝臓です
息子
カンゾウ……知らねー
ママ
でしょうな
お酒を飲み過ぎると弱ってしまうところでしょ  
ママ
なんで知ってるの
CMとか…  
ママ
そうです、胃や腸で消化された栄養やアルコールは、血液にまじって消化管で肝臓に運ばれます。で、工場のような役割をする肝臓は、その栄養やアルコールを分解したり、変化させてたくわえておいたり、使いたいときに使えるように加工しているんだよ
息子
ふーん
ママ
肝臓には幹細胞が約2500億個もあって、それらひとつひとつがさまざまな働きをしているのです! まあ、工場で働いている工員の数が2500億人で、仕事の種類も500種類以上と考えてもらったらよいでしょう
2500億! 世の中の男の数よりむっちゃ多いやん
ママ
あ…35億のこと?

 

胃、肝臓、腸の働きのすばらしさを再認識! ありがとう、内臓たち

それでは肝臓を組み立ててみよう。

今までの臓器にくらべて、大きいです、肝臓。 息子、手首を負傷中につき、ギプス着用ですが、それでも今回の作業はじゅうぶんできます。 肝臓、くっつきました!
ママ
肝臓はね、病気の治療のために3分の2くらいが切り取られても、時間がたつともとの大きさにもどるんだよ
息子
肝臓すげえな
とかげのしっぽみたいやな
ママ
そう、肝細胞には再生能力があるからなの
哺乳類でなくても肝臓ってある?
ママ
あるよ、お魚にも。アンコウなべには、アンコウの切り身のほかに肝臓も入ってるよ。あと、うな重を食べるのときに飲むおつゆ、肝すいは、ウナギの肝臓や胃、腸などを入れたお吸い物のこと
このあいだそこの川でとってきたメダカちゃんたちにも肝臓ある?
ママ
もちろんメダカにもあるよ、肝臓
こんなにちっちゃい体にも!?
ママ
そうだよ、だから、メダカがえさを食べて、うんちが出るまでに、消化して、肝臓が栄養をたくわえて、腸がうんちをつくって…って、ちゃんとやっているんだよ
えらいなあ…

 

というわけで内臓づくしだった今回のデアゴスティーニ、これにておしまい!

<つづく>

 

岡田桃子

埼玉育ち、大阪在住。8歳男女の双子の母。無類の犬好きで、著書に『白い番犬チルー』(幻冬舎)などがあるが、未熟児で生まれたわが子たちの発育過程を目の当たりにし、人体の神秘にも感銘を受ける。その育児エピソードは、たるいしまこさんの絵と中村翔子さんの作で、『おはなしカイとナツ あるふたごちゃんのものがたり』(リーブル)という絵本になっている。年中無休自営業のすき間に、週一で剣道をするのが何よりの発散。

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.1

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.2

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.3

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.4

中学受験にも役立つ!?デアゴスティーニ・ジャパン週刊『おしえて!おしゃべりガイコツ』ママ&キッズモニター報告

 

スポンサーリンク