デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.2

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.2

<前回までのあらすじ>
デアゴスティーニの『おしえて!おしゃべりガイコツ』を全70号を1年以上かけて作ることになったママと小学3年生の双子。まずは1~3号で、頭がい骨と歯と舌を組み立てながら、体の不思議を学び、娘の仮死事件を思い出したのだった…。
デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.1

目と耳と、そして心臓

4号目。デアゴスティーニから白い球がふたつ、送られてきた。
これに、ひとみシールを貼って、眼球にするのが今回の作業。

ひとみシールが緑・青・茶の3色ついてきて、好きな色を選んで貼るだけ。
だが、ホネッキーは「一度はりつけたらはがせないボーン!」(どうやらホネッキーは語尾に『ボーン!』を発するキャラクター)と言っている。

双子はべつべつの色(娘は茶色を、息子は青色を)を希望し、互いにゆずらない。ゆずったら人生負けとでも思っているらしい。思えばそれは赤ちゃん時代から始まっていた。同じ時に泣く。相方が抱っこされればもっとはげしく泣き、自分が抱っこされるまで泣く。抱っこされて泣き止んだ相方も下ろされたとたんに泣く。彼らにとっては飢えるか肥えるかの一大事、その精神が8歳になった今でも続いているというわけだ。

私は「左右の目の色がべつべつなのも、めちゃカッコええぞ」と言ってみたが、やはり双方が自分の色を主張したので、じゃんけんを指示。娘が勝って茶色にし、残ったひとみシールを敗者の息子にあげるという形で決着した。

 

 

ふぅ。落ち着いて見ると、意外に、つぶらなひとみのホネッキー。

同じくつぶらなひとみの私は、ド近眼のため、スポーツするとき以外はメガネをしている。もちろん睡眠がコマ切れになる授乳期もメガネママだった。

幼児になると、メガネをして絵本を読み聞かせしながら子どもを寝かしつけ、そのまま自分もメガネで寝落ち。
そして寝相の悪い子どもの「かかと落とし」を顔面に受け、メガネがゆがんだこともある(ママ友は、同じ状況で鼻骨を折った)。
いつの間にか自分でメガネをはずしていて、起き抜けにメガネを踏んでぺしゃんこにしたことだってある。

そんな苦労があるので、わが子には、せっかくの良い視力を保ってほしいと思っているのだが…。
子どもの視力といえば、昔はガリ勉で低下したものだが(私もそのクチ)、今はゲームのほうが、その要因としてやり玉にあがる。

我が家も土日関係なく早朝から働いている自営業。知らぬ間にゲームが子守役になっていたりして、視力を守る上で「まずいな」と思うことがある。
4号目の冊子「目のしくみ」は、いきなりそのテーマ「テレビゲームは目に悪いの?」という学習まんがからはじまる。ホネッキーが、テレビゲームばかりしているお友だち「げんきくん」の目の中に入り込んで、網膜や網様体を紹介するのだ。

あー、このスタイル、小さいころ繰り返し読んだ、学研の「ひみつシリーズ」の「からだのひみつ」を思い出すなァ。

レンズの役割をする水晶体の厚みを調節する筋肉「網様体」くん。遠くを見るときは伸び、近くを見るときは縮む。だけど、体の持ち主である「げんきくん」が近くにあるゲームをずっと見ているから、網様体くんは、ぎゅうぎゅうと縮みっぱなしで、汗はダラダラ、体からは湯気。今にもバーストしそうに疲れている。

親がいくら「遠くを見なさい」「ゲームは30分まで」と口をすっぱくして言おうとも、子どもは聞きやしない。けれど、網様体くんのこの苦しそうな姿を見れば、心底「まずいな」と思ってくれるはずだ。
その「まずいな」が「ゲームは、ほどほどにしておこう」には、直接つながらないのが、子どもなんだけどね。

目はネタが多いため、デアゴスティーニの、5号、6号めのテーマも「目」。

5号では今回ひとみシールを貼った眼球をLEDケーブルにつなげ、頭部の固定版に固定する作業。

ちょっとしたものを光らせるのもLEDが当たり前の時代なんですね

 

作業自体はむずかしくないのですが、説明書を見ながらの組み立ては、保護者のヘルプがいるかもしれません(口は出しても手は出さない式で)

 

LEDケーブルが、なんとなく視神経を彷彿とさせます
目が何か訴えています

6号では、5号の完成形に「頭部サーボモーター」を取り付ける作業。

 

サーボモーターは箱に入っています。モーターが出てくると、がぜん男子の張り切り方がちがってきます
プラスドライバーでサーボドライバーを固定版にとりつけます。ここは、支える人とドライバーを回す人、2名が必要
できました♪

 

5,6号の冊子では、視野や、動体視力、アニメが動いて見えるしくみ、目の錯覚が起こるしくみなどが紹介されている。
双子が楽しそうに読んでいたのは、「錯覚」のところ。
そういえば、以前から、目の錯覚を利用したトリックアートのアトラクションがあると、ノリノリでやっていた。

こんなのとか…

 

私もやってました。

ガイコツを組み立てながら、幼少期にいろいろ連れて行った思い出がよみがえる。こいつらも、春から小3。いつまで一緒に、出かけてくれるのだろうか。いままでも、これからも、一瞬一瞬が、貴重なんだなぁ。
まさか、人体模型に、しみじみさせられるとは思わなかった。

未熟児で生まれた息子の心臓には穴が開いていた

 

さて、「目」のテーマが3号もつづくと子どもが飽きる、というデアゴスティーニの判断か、間にはさまった5号のパーツは心臓。組み立てはないのだけれども、やわらかい感触のものが一個、箱におさまっていた。

息子
わー。心臓、押すと膨らむ~
ママ
心臓は、筋肉でできていて、中に4つの部屋があって、その部屋が規則正しく縮んだり広がったりして、体じゅうに血液を送っているんだよ。生まれてから死ぬまで、寝ている間も休むことなく、ずっと
じゃあ、網様体より心臓のほうが疲れるやんか
息子
そうやん。網様体は寝てるときは自分も寝れるんやし
ママ
心臓の筋肉は、心筋という特別な筋肉で、その人の意志とは関係なく動き、『疲れる』ってことはないらしい
へぇー
ママ
ちなみに、未熟児で生まれた息子の心臓には、小さな穴が開いておりました
息子
ああ、オレ、聞いたことある
ママ
心臓の中の4つの部屋を仕切っている壁、そこに小さな穴が開いていたんだけど、その壁も筋肉でできているから、モリモリ成長して筋肉がつくことによってふさがっていったんだよ
息子
すげえな、オレ
でも、ふさがったっていうのは、どうしてわかるの?
ママ
まず、聴診器で雑音がしなくなる。それから、エコー検査という、機械で体の中を透視する検査があって、それで目で見てたしかめる
息子
あー、あのヌルヌル塗ってから、ひんやりした機械当てるやつな
ママ
それで、心臓の血液の流れなどをよーく見ると、小さな穴でも発見できるわけなんだけど
息子
ありがたいのぅ
じいさんのマネしんといて
ママ
いまは、機械がどんどんよくなっていってるから、昔は見逃されていたくらいのも、見つかっちゃうわけ
まあ、でも見つかったほうがええよ

とは言うけれど、昔より今のほうが、赤ちゃんを産んだお母さんたちには、いろんなことがわかってしまうので、心配も、選択をせまられることも、多い。子育ては、昔の『たいへん』と今の『たいへん』は種類がちがう。今は紙おむつも粉ミルクも性能のいい物があって、『アンタらはええなあ、楽できて』と年配の方々に言われるが、それよりも精神的にやられることが多いのだ。

ああ、まざまざと脳裡によみがえる、赤ちゃん時代の、心臓エコー検査。
赤ちゃんはじっとしていられないので、睡眠薬で眠らせてから、エコー検査をする。
息子はなかなか眠れないうえに、ご機嫌が悪くなり、ぐずりまくった。
2時間ほど暴れたあとに、ようやくぐったりしたところ、ぬるぬるの液を胸に塗り、心音が鳴り響く真っ暗な部屋で先生が見入っている画面をじっと見つめる。
先生は何もいわずに、機械をカチカチ言わせて何かを測っている。だまったまま、画面を見つめる。先生が部屋の電気をつけて「問題ないですね」と言ってくれるまでの間、さまざまなことが頭をよぎる。5分ほどの短い時間が、永遠にも感じられた。

あの時、食い入るように見つめた心臓のエコー画像。息子の心臓が、鼓動して、血が流れているようすが、ビジュアルとして目に入ってきた。心房と心室の間にある弁のところは、流が少し、他の場所と違って見える。そんな心臓のしくみは、デアゴスティーニの冊子にも詳しく解説されている。

多かれ少なかれ、赤ちゃんから幼児期にかけては、親も知らぬ疾患や病気で病院に駆け込むことがある。だけど、それらひとつひとつの経験が、今まで知らなかった体のしくみや、人体の成長過程について深く知るきっかけにもなるわけで…。
病気や怪我のたびに、子どもは強くなっていくけれど、親のほうもまた、体に対する知識が増え、強くなっていく。

 

母親は子どもを守るために戦う!ときにはコウモリとも!

神妙な気持ちになりながらの、8号目はテーマが「耳」。
ついてくるパーツは、耳とは関係のない「頭部スタンド」である。

頭部が完成したらこれに立てるらしい。バリ島やシンガポールで売られている、頭だけのブッダみたいな感じになるのかな…。ずいぶん趣は違うけど。

学習まんがは「どうして年を取ると耳が遠くなるの?」である。
耳の遠いおばあちゃんと一緒に暮らしている私ら親子にとっては、おばあちゃんと話がかみ合わない理由を科学的に理解するチャンス。

耳の遠いお年寄りは、蝸牛にある有毛細胞が壊れていることが多いんやな
ママ
蝸牛の中は透明のリンパ液が入っていて、有毛細胞はその液につかっているわけ。音というのは空気のふるえだから、そのふるえが鼓膜をふるわせ、耳小骨という骨をふるわせ、蝸牛の中のリンパ液をふるわせる。リンパ液につかっている有毛細胞が、ゆらゆらゆれる。そのゆれが、神経をとおして脳みそに伝わって、音として認識される、と
息子
長くね? 脳に行くまで長くね?
ママ
たしかに。だけど、耳小骨は強すぎるふるえを、ちょうどよい強さに調節して蝸牛に伝えるはたらきがある。有毛細胞も、高い音に反応する細胞、低い音に反応する細胞、と、それぞれに役目がある。それぞれ必要なんだよね
おばあちゃんが、家電のピーっていう音に気が付かないのは、その音に反応する有毛細胞が壊れているんちゃう?
ママ
かもしれないね、若者にしか聞こえない周波数ってのもあるしね
学習まんがではホネッキーの体当たりギャグも

 

この冊子「おしえて! おしゃべりガイコツ」のよく出来ているところは、身近なテーマ設定での学習まんがのあと、大人にも読みごたえのあるきちんとした「人体の機能解説」があり、そして子どもたちが好きな「動物ネタ」や「クイズ」に行くところである。

なかでも我が家が盛り上がるのは動物ネタ。さまざまな動物の心臓の大きさ、鼓動の数、視力、聴力など、毎回テーマごとに動物を比較しているのだ。
動物好きの娘は、小学校の「図書」の時間にも動物関係の本を借りてきたりするので、ところどころ知っている知識があるのも、「もっと もっと!」と知識欲をそそるらしい。

コウモリは、暗闇のなかでも、自分が出した高い音の跳ね返りを聞くことで、獲物のいる位置がわかんねんな。あ、でも蚊はそれを察知できひんけど、ガは察知して逃げることができるらしい、これは知らんかったわ
息子
ガ すげえ

たいがいにおいて、息子の感想は「エグい」「すげえ」である。
友達を見ていても、おおむね低学年の男子のボキャブラリーはこんなもんである。このコラム、娘のおかげで成り立っているようなものだ。

ママ
1回、コウモリが家の中に入ったことがあったなあ! とうちゃんが出張中に
息子
オレたちが、バブーちゃんの頃やろ?

そうなのだ、子どもらが幼児の頃、我々は職場から少しはなれた、田んぼの近くに家を借りていた。寝かしつけの後、原稿を書こうとパソコンに向かっていると、ヒラ~ ヒラ~と影が横切るので、後ろをふりむくと、バットマンのシルエットが、障子の桟に止まっていた。コウモリだった。
「虫捕り網で捕獲できる」と、ご近所の人に聞いていたので、もう一度ヒラヒラしてから壁に止まったところを、上から網をかぶせた。

ママ
そこから30分、コウモリとにらみあいだったね
息子
なんで?
ママ
だって、コウモリの顔が怖すぎて、網の口をぎゅっとできなかったんだもん
で、どうしたの?
ママ
壁づたいに虫捕り網をずらしていって、窓の近くまで持ってきて、窓あけていっきに放した。こわかった…
息子
起こしてくれたら、オレが倒したのに
ママ
アンタまだ1歳半だもん、無理だよ

子育て中、母親はさまざまなものから子どもを守るために戦わなければならない。精神的にも、肉体的にも。ときにはコウモリとも!
人体模型を組み立てながら、しみじみしたり、思い出がよみがえったり、頭の中が走馬灯になるのは、桜の咲く季節だからだろうか?

ホネッキー完成まで、あと62号だボーン!     

<つづく>

 

岡田桃子

埼玉育ち、大阪在住。8歳男女の双子の母。無類の犬好きで、著書に『白い番犬チルー』(幻冬舎)などがあるが、未熟児で生まれたわが子たちの発育過程を目の当たりにし、人体の神秘にも感銘を受ける。その育児エピソードは、たるいしまこさんの絵と中村翔子さんの作で、『おはなしカイとナツ あるふたごちゃんのものがたり』(リーブル)という絵本になっている。年中無休自営業のすき間に、週一で剣道をするのが何よりの発散。

 

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.1

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.2

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.4

中学受験にも役立つ!?デアゴスティーニ・ジャパン週刊『おしえて!おしゃべりガイコツ』ママ&キッズモニター報告

スポンサーリンク