デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.1

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.1

人体模型作る人……それ、私じゃないか?

デアゴスティーニ。知らない人はいないと思う。
でも、イタリアの会社だということは、知らない人が多いと思う。
ジョバンニ・デ・アゴスティーニさんという地理学者が1901年に設立した地理研究所がはじまりで、現在世界33ヵ国に現地法人を持つ、グループ企業だということも。そんなデアゴスティーニが日本のチビッ子たちのために発刊した新シリーズが『おしえて!おしゃべりガイコツ』。

しゃべるガイコツの名前は「ホネッキー」、完成までに70週(70号)、身長約90センチ、心臓やら腸やら、内臓もついてくるらしい。かなり本格的な人体模型が、赤いスカーフを巻いて陽気に笑っている。

こんなスットンキョーなものを1年以上かけて組み立てるのは、いったいどんな人なんだろう?

ママ
……それ、私じゃないか?

いやいやいやいや。時間がない。場所がない。同居している姑に説明するのが面倒。

あ、でもうちの息子、ガイコツ作ったことあるわ。

焼き物のしゃれこうべに、釉薬を塗って焼いただけだったけど、漬物石として活躍したなァ。息子、ガイコツ好きなんだった。そういや娘も、「高学年になったら、科学部に入りたい」と言っていたなァ…。科学室には必ずあるよね、人体模型。

やっぱり、ガイコツ組み立てるの、私やわ!

というわけで、「デアゴスティーニの人体模型を最後まで作ってみたー!」(実際に「つくってみた」という完了形になるのは一年以上あと)、スタート!

 

デアゴスティーニ1号めで組み立てるのは「頭がい骨」

折しも、うちの双子、小学校2年の「生活」の授業で出産について勉強してから、やたらと自分たちが生まれたときのことについて聞いてくる。

実をいうと、彼らは救急車でとなり町の大病院に運ばれて、緊急帝王切開でこの世に出た。ヒゲの研修医に腹を切られて出てきたはいいが、通常よりひと月早かったため、いわば進化の途上のような状態。娘にはサルのように産毛がみっしり生えており、息子にはマンガみたいな出べそがついていた。
それからのひと月、本来はお腹の中で進行するはずの成長過程を、母親の私はライブで見てきたわけだ。だから、「人体」の発生については、けっこうくわしいつもり。

まず、しゃれこうべから始めるわけだが、双子は何より、「相方に出し抜かれる」ことをもっともきらうので、

一、今回は娘が封を開ける。
一、そして息子が中のものを取り出す。
一、組み立ての工程は、母が指示した順番でかわりばんこにやる。

ここまで、よく通る声で二回、双子に言い聞かせてから、ブツを机の上に置く。
面倒だけど、このひと手間をかけないと、取り合い・小突きあいで結局よけいに時間がかかるため。そして次回は必ず息子が封を開けることを約束する。

封を開けるとパーツは3つ。
目や鼻がついている顔面1つと、横顔の左右2つ。
これを、ネジでつなぎあわせる。まずネジを顔面裏に入れて2,3回しめてから、左右の頭がい骨パーツをはめ、ネジをしめる。
小さ目の+ドライバーが必要。小2だと、パーツを持って支える人と、ねじをまわす人、どっちもできるので、1つずつ交代でさせた。

 

実際の頭がい骨は、三つだけでなく、もっとたくさんの数の骨が集まっているので、その縫合部には、ギザギザ模様がついている。

 

ママ
どうして、つなぎ目がギザギザだと思う?
息子
脳みそを分裂させる
ママ
意味不明
息子
だから、こっちは計算する脳で、こっちはゲームする脳とか…
ママ
あー、脳みその役割の境界線みたいな?
息子
そうそうそうそう
ママ
ブー
わかった! 頭を振ったときとかに、ギザギザのほうが気もちいいから
ママ
ブー。正解は、ギザギザどうしがかみ合うことで、しっかりつながるため~
意外とふつうやな
ママ
でもさー、あんたたち、赤ちゃんのころは、頭がい骨はつながっていませんでした
息子
マジか
ママ
骨と骨のあいだにすき間があいていたから、頭のてっぺん、ふにゃふにゃで
息子
エグ!
ママ
赤ちゃんみんなそうだから
お母さん。そのとき、私らの頭、押したやろ
ママ
押した
息子
やめろやー
ママ
そーっと触っただけだから
いまは閉まってるよね?
息子
いまも開いてたらやばいやろ、ヘディングとかでけへんやろ
ママ
今は閉まってる、大丈夫大丈夫
ほっ

赤ちゃんの頭がい骨の、パーツどうしに透き間があるのは、産道を通るときに柔軟に形を変えて衝撃を吸収するため、とか、脳の成長をさまたげないようにするため、といった理由があるらしいですよ。

ママ
クイズ。大人の骨の数は200本。赤ちゃんの骨の数は何本でしょうか
350本
ママ
正解
息子
なんで知ってるん?
CMで見た

CMの効果ってすごいのね。
350本の骨は、成長につれ、合体して大きな骨になっていくので、パーツとしての数は200本まで減るらしい。知りませんでした。

 

2号目のテーマは「歯」。ホネッキーのパーツは、下あごと、上の歯、下の歯がついてきた。

上の歯担当は娘。
下の歯担当は息子。
左の奥歯から順番に。
と、これだけゆっくり連呼して、あとは子どもにまかせる。

歯は、プラモデルの小さいパーツのように、まとまってくっついているので、ねじってひとつずつに切りはなしてから、あごにあいている穴にさしこんでいく。

前歯はちょっときついので、ぎゅっと押し込む。

下の歯は、下あご装着前に入れていくから、けっこう簡単。歯を差し込む場所さえ教えてあげれば、園児でもじゅうぶん可能な作業。

 

歯といえば、こんな思い出が。
幼稚園の歯科検診で虫歯が見つかって、初めての歯医者が印象的だったようで、帰宅後に歯医者さんごっこが始まった。
といっても、双子のどちらもが歯科医をやりたがるので、患者役は母親の私。
そのときのメモから↓

(歯科医その1)はい、じゃあ練習なしでいくよー
息子
(歯科医その2)Cが6、Aが2、Bが1
(歯科医その1)よし、ぐき歯抜いとこう
ママ
(患者)ぐき歯?
(歯科医その1)あー というよりも、根元がアカンわ。口、取っとこう
息子
(歯科医その2)口、取ります
(歯科医その1)新しいお口、つけとくからねー

ああ、なつかしい!
ごっこ遊びに延々とつき合わされ、つまらない役をずっとやらされても、幼児のSF的発想に「これ、いただき!」とありがたく思う瞬間がある。
それをメモするのが私の育児モチベーションになっていたなァ。
ホネッキーを幼児と一緒に組み立てたなら、ものすごい突飛な発想が出てきそうだ。

さて、歯科健診のときのABCは一般的に乳歯につけられた符号で、Aは中切歯、Bは側切歯、Cは犬歯、Dは第一乳臼歯、Eは第二乳臼歯。それが抜けて永久歯になると1番から5番になる。

ホネッキーの歯もそれぞれの歯が、ちゃんと、それぞれの形をしているので、表裏まちがえないように、奥歯から順番に、穴に差し込んでいかねばならない。でも、意外とできる。小2ともなると。冊子に載っている大きな工程写真を見ながら、自力でやっておる。

 

子どもの歯は20本、大人の歯は32本。さて、歯で性別がわかるでしょうか?

ママ
ホネッキーの歯、何本ある?
えーと、上の歯が、16本
息子
下の歯も16本
ママ
あわせて何本だ?
息子
32本
ママ
ってことは大人だな。子どもは20本だから
本数で分かるんやな
ママ
アンタたちは6歳臼歯が生えてるから24本だけどね

6歳ごろに生えてくる奥歯が6番(六歳臼歯)、その奥に12歳ごろ生えてくるのが7番(12歳臼歯)、そのさらに奥に生えたり生えなかったりするのが8番(親しらず)。

歯並びイイネ、ホネッキー
息子
まだ若いな、ホネッキー
ママ
12歳は、いってるはずだよ、12歳臼歯あるから
息子
年上かよ
年上やろ
息子
男? 女?
まだこの段階ではわからんのんちゃう? 髪の毛とかないと
ママ
髪の毛はついてこないと思うよ ガイコツだから
歯で男か女かはわからんの?
ママ
歯では無理かな
じゃあ、あれやな。ノドボトケ
ママ
ついてくるかな? パーツに、ノドボトケ
息子
ついてこーへんかったら、チンチン待ちやな

うちの双子は、亡くなったおじいちゃんのお骨を火葬場で拾ったことがあるので、ノドボトケについて知っているのだった。火葬場の人が「立派なノドボトケです。ホトケさんが座っている形してるでしょう」といって、見せてくれたのだ。
そうやって、一度だけの経験を、子どもはしっかり覚えていて、こういうときに記憶のひきだしから出してくる。
今のうちに、そのひきだしにできるだけたくさん入れてやるのが、親のつとめなのかもしれない。

と、しんみりしたところでリアルすぎる舌が登場。
3号めのパーツは舌と、舌を支えるパーツなのだ。

 

3号目は「リアルすぎる舌」。そして、思い出の娘仮死事件

組み立て工程としては、まず下あごを上あごにくっつける。
トイレットペーパーを交換するとき、ホルダーの芯がのびちぢみする、あの要領で取り付けます。

あいたり閉じたりすると、「あ・うん」の像ができます。

 

続いて、舌を土台に差し込んで今回は終了。舌って、本当は長いんだな、ってことがわかります。

 

ママ
舌で思い出すのは、娘の仮死事件
私がまったく動かんようになったやつやろ
息子
なに? なにそれ?
ママ
新生児のころに、お風呂に入れたあと、さあ授乳するぞと思ったら、娘がまったく動かなくてさ
息子
オレは?
ママ
ご機嫌でニコニコしてた
息子
よかったー
ママ
娘は人形みたいにだらーんとして、動かないもんだから、焦って病院に電話して。そうしたら看護師さんが出てくれて、『息はしていますか?』って聞いてくるんだけど
息はしてたでしょ
ママ
『わかりませんッ』て受話器に向かってさけびました。だって、鼻先やら、心臓やらに耳を当てても何にも聞こえないんだもん、自分の心臓がバクバクしすぎてて
それアカンやろ、親として
ママ
おそるおそる、娘のあごを下にひっぱって、口の中を見たら、舌が口の天井にくっついてて、舌の裏側がまる見えで
息子
やばくね?
ママ
だしょ? もうアカンかもと思って、べそかきながら、とうちゃんに車に乗せてもらって病院に連れて行って、看護師さんに口の中を見せたら、『寝ているときの赤ちゃんはみんなこうですよ』と
はァ?
ママ
救急のお医者さんが血液検査をしようとしたときに、急に動き出して、ギャン泣き
息子
よかったなァ
ママ
翌日診てくれたベテランの先生が、おそらく、お風呂にゆっくり入りすぎてのぼせたんじゃないか、と
その、舌の件は?
ママ
舌って、ふだんから口がい(口の中の天井)にくっついているのが定位置なんだって。で、口をあーんとあけるときは、意識して舌を下あごにくっつけているけど、熟睡しているときは、自然に上あごにくっついているんだって。ほら、この冊子にも書いてある

息子
ほほう、ほほう、かあちゃんアホですな
ママ
うるさいんじゃ

いま、赤ちゃんがいるお母様がた。
熟睡している赤ちゃんの口を、そーっと開けて、見てみてください。ギョッとします。
でも、それがノーマルなのです。

ママ
舌の表面に、白いつぶつぶみたいなのがあるでしょ? これは乳舌頭といって、その一部に、味を感じる『味(み)らい』があるんだって。では、味らいは、大人と子ども、どっちのほうが、数が多いでしょうか?
息子
子どもやろ
ママ
いきなり正解すな
息子
骨の数も、子どものほうが多かったから、なんとなく
ママ
でしょうな。舌の味らいの数は、大人は5000~1万個。子どもは6500~1万3000個。たしかに子どものほうが多い
あれやん? 大人は珈琲とかお酒とか、わざと苦いやつ飲んでアピールしたいから、鈍感になってんねやろ?
息子
オレ、コーラ飲めるし
ママ
まずいものというか、子どもには危険なもの、体に入れたら成長をさまたげるものを、苦いと感じるように、大人より敏感にできているらしいよ
息子
オレ カラシ大丈夫やし。納豆にカラシ全部入れても一回も水飲まなくて食えるし
もう、くだらん自慢しんといて!
ママ
まあまあ、男子のアピールだから、させてあげて
アカン

 

自由研究に決定!?動物の舌には味らいがどれくらいあるのか


知ってる? モモちゃん(近所のネコ)の舌って、めっちゃザラザラやねんで
息子
オレ、ネコに舐められたことない。チルー(昔飼ってた犬)にしか、舐められたことない
ママ
えーと、猫の味らいは、たったの500個らしい
息子
少な! オレら1万越えてるのに、少な!
モンプチいらんやん
ママ
ネコは肉食だから、つかまえて、すばやく食べるからそれほど発達していなくて、草食動物のウシは、草に毒がふくまれていないかどうか判断するために、約2万5000個の味らいがあります
息子
牛に負けた
ママ
勝ち負けじゃないから
舌の大きさもぜんぜんちがうもんね。ネコの舌はこーんなに小さいもん
ママ
牛の舌は、縦にスライスしてタン塩にするくらい大きいもんね
息子
イヌは?イヌの 味らいの数は?

ママ
この冊子には書いてないけど…ちょっと待って(スマホで検索)、ああ、約2000個だ
ネコよりイヌの方が、いろんなもの食べるからかな?

こうやって、どんどんいろんな動物の味らいの数を調べて言ったりして、自由研究みたいにするのもいいですね。デアゴスティーニの冊子にのっていることも、「へぇ!」「なるほどねー」「マジか」という発見があるのですが、そこから興味を広げていくと、もっとおもしろくなりますね。

とりあえず、私ら親子は、これからしばらく、焼肉屋さんでタン塩を注文するたびに、草食動物と肉食動物の味らいの数について語るだろうと思います!

<つづく>

岡田桃子

埼玉育ち、大阪在住。8歳男女の双子の母。無類の犬好きで、著書に『白い番犬チルー』(幻冬舎)などがあるが、未熟児で生まれたわが子たちの発育過程を目の当たりにし、人体の神秘にも感銘を受ける。その育児エピソードは、たるいしまこさんの絵と中村翔子さんの作で、『おはなしカイとナツ あるふたごちゃんのものがたり』(リーブル)という絵本になっている。年中無休自営業のすき間に、週一で剣道をするのが何よりの発散。

 

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.2

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.3

デアゴスティーニの人体模型を双子と一緒に最後まで作ってみた~!vol.4

中学受験にも役立つ!?デアゴスティーニ・ジャパン週刊『おしえて!おしゃべりガイコツ』ママ&キッズモニター報告

スポンサーリンク